伝統と今

20才の成人式振袖前撮りの写真です。

 

振袖物語館幕張本店の和室畳スタジオでの撮影です。

 

絵柄入の大きな両サイドの障子に軽く手を添え、背景の紅葉が季節感を

 

出している素敵なポートレートです。

 

ところで、こちらのレンタル衣裳は京都から仕入れた呉服屋さんの言葉を

 

そのまま引用すると、ブランド名は「吾妻徳穂」柄名は「吉祥貝桶熨斗目文様」とのことです。

 

歴史のある業者さんなので何とも伝統的表現としか言いようがありません。

 

少々説明させて頂くと、最高級倫子(りんず)生地に貝桶と大胆な熨斗目(のしめ)文様に

 

四季折々の草花とおめでたい吉祥文様を施した晴れの日にふさわしい本格古典友禅振袖なのです。

 

若いお嬢様がこのようなとても古典的とも言える振袖を着られると、

 

伝統と今がマッチした素晴らしい雰囲気を醸し出してゆくのでしょう。

 

Photo by Makuhari

Photograher Saitou

該当店舗

Page TOP