振袖の広まり

20才の成人振袖女性の振袖物語館幕張本店の写真です。

 

華やかな背景の中、際立つ姿がとても素敵です。

 

振袖は江戸時代に発生し、袖丈がだんだんと長くなり、

 

末期には現在のような形に近くなったそうです。

 

また、当時は交通の要所には必ず徴税や検問のために「関所」が設けられていました。

 

未婚女性は何故か振袖を着用していないと通れなかったのです。

 

このようなこともあり、結婚前の若い女性の衣装として広まっていった要因もあったようです。

 

現代の日本では、20才の成人女性の晴れ姿として、また成人式出席のための衣装として振袖は

 

"社会文化"となったのでしょう。

 

振袖物語館幕幕張店で撮影されたご成人様

Photo by Makuhari

Photograher Saitou

 

該当店舗

Page TOP